ディンギー造って海へ出よう

FrontPage

ディンギー造って海へ出よう

アマゾン号を探して

 ランサムの本に刺激されアマゾン号を手に入れたいと思う人がまず参考にすべきはMr. Stuart Wierのサイトでしょう。そこにはアマゾン号みたいな船の入手法から建造法まで詳しく述べられています。確かにこんな船で帆走するのは良い気分でしょうね。

ツバメ号みたい 今はなきMacNulty Boatsの10ftクリンカー張りディンギー、Longstone.この船日本でもお持ちの方がいらして間近で見られるんですよ!

 しかし感傷的になるのをちょっと抑えて、そんな船が見つかったとして果たして本当に実用的かどうか。冷静に考えてみれば、クラシックなクリンカー張りの船は重く運搬するのが大変でしょう。それに帆走性能は現代のディンギー並とはいかないでしょうし、湖で帆走するのならばいざ知らず、沈したら浮力体のない船は完全な水船になってしまいます。

求めるディンギー

 ディンギーのレースから遠ざかって久しく、水中翼でかっとんでるFlying Mothにはもう乗ろうとは思わない私にとって、求める船はアマゾン号みたいな味わいを持ちながら海でノンビリ帆走できる船です。

  • 木造艇:マホガニーのクリンカー張りとは言いません
  • 高い一次安定性:でも平底船ではないカッコ良い船
  • 多少吹いても濡れないですむ比較的高いフリーボード
  • セールの上げ下ろしが容易なリグ
  • 運搬が容易で砂浜からも出帆できる軽い船
  • 2人で(可能ならイヌと一緒に)海での帆走を楽しめる本格的ディンギー

木造ディンギーを探して

 そんな船でこうして海を楽しみたいもんです。そこで木造ディンギーを探してネットの海を漂ってみました。
 その気になれば今でも木造艇を見つけることはできるものの、実際に海で帆走を楽しむとなると単に木造艇と言うだけでは踏み切れないところがあります。やっぱり見た目の好みもありますし、僅かなヨット経験からこういう船が良いという思いこみもないわけではありません。それに、もちろんお値段も。

やっぱり自作

 求める船の条件としては、

  • 全長:10ft(3.0m)から12ft(3.6m)
  • 重量:60kg未満
  • リグはガンターリグもしくはガフリグ
  • センターボードもしくはダガーボード
  • S&G工法(あるいはGL工法)による木/エポキシ コンポジット製
  • ラウンド・ハルにはこだわらない(シングルあるいはマルチ・チャインのハルでもOK)
  • オープンデッキで、安全のための浮力体(気密隔壁)を備えていること
  • カッコ良いこと

 こんな条件を満たす船、さらに造る楽しみも、となるとやっぱり自作かな。デザインもさることながら、製作に当たって考慮しなければならないのは製作工法です。ラウンド・ハルならばS&G工法では不可能なのでGL工法もしくはストリップ・プランク工法を採らねばなりません。

 ハル形状製作の手間モールド製作時間
S&G工法シングル・チャイン最も容易不要短い
マルチ・チャイン容易不要短い
GL工法ラウンド(疑似)必要長い
ストリップ・プランク工法ラウンド最も難必要最も長い


製作候補

 いくつか候補を絞りました。

  1. Selway FisherデザインのTODAY。設計図を購入し、ガンターリグへの変更、セール入手について問い合わせたら設計者Paul Fisherご本人から親切な返事をもらいました。
  2. クラシック志向に傾けばネットの海には多くの素敵な船が浮かんでいます。

 

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

template by QHM Temps