The Amazon, restored and exhibited at Coniston.

アーサー・ランサム(Arthur Ransome)の物語に出てくるツバメ号やアマゾン号(the Swallow or the Amazon)みたいな船で海へ出たい!!

友だちがヨットを持っていて、『じゃ、今度乗りにおいでよ』と誘ってくれウキウキと出かけてみたら、待っていたのはFRP製のバスタブ。しかもそのバスタブ、そこらじゅうシートだらけで座るところもないときてる。ちょっと風が吹けばヒールして、あげくはヒールを抑えるためにデッキから体を出せと言われびしょぬれになってしまう・・・スオートに座ってノンビリ気楽に帆走を楽しめる船はどこへ行っちゃんたんだろう・・・  

  • 多少風が吹いても安定している船
  • 簡単な艤装でセールの揚げ降ろしが容易な船
  • プレーニングしなくてもいいから濡れないですむ船
  • 当然、木製!

そんな船が欲しいけど、売ってないなら、自分で造ろう!

Kayak造って海へ出よう

S&G工法なら木造カヤックを作るのはこんなに簡単

Dinghy造って海へ出よう

アーサー・ランサムの物語に魅せられて「アマゾン号」や「ツバメ号」みたいな木造ヨットに乗りたいと思ったら

製作者について

製作者のプロフィールなど


最新3コンテンツサイト・コンテンツは鋭意移行中につき、更新されたコンテンツ順に提示。編集中のものも含まれています。

work_08.jpg
エポキシ作業の実際ー2
エポキシ作業の実際ー2:【接着】【フィレッティング】【ファイバーグラッシング】【コーティング】【ピールプライの利用】
scraping.jpg
エポキシ作業の実際ー1
エポキシ作業の実際-1:【安全性の確保】【道具と材料】【研磨】
side_03.jpg
Kayak2号艇製作記-1(ハルとデッキの仮接着まで)
ハルとデッキの仮接着まで

最新のBlog Post
kayaksail_01.jpg
2017/12/16 17:29
カヤックセイル(キット)到着
2017/12/04 21:00
カヤック・セイリングへの第一歩

s_and_a_logo.png