12冊の物語

TO THE SIX FOR WHOM IT WAS WRITTEN IN EXCHANGE FOR A PAIR OF SLIPPERS
(Ransome, Arthur. (1930) Swallows and Amazons. early editionの献辞 1958年以降の版ではこの献辞は削られている)

アーサー・ランサム(Arthur Michell Ransome, 1884-1967)が残した12冊の1作目『ツバメ号とアマゾン号(Swallows and Amazons)』はスリッパのお返しに6人に捧げられています。アルトゥニアン家の6人、アーネストとドーラ夫妻、そしてタキ、スージー、ティティ、ロジャの4人の子どもたち。ランサムが彼らと一緒に過ごした1928年という年がなかったらこのサーガはおそらく誕生せず、ランサムの作家としてのキャリアも違ったものになっていたことでしょう。ジャーナリストとして一層名を馳せたかも知れませんし、あるいは「少年と釣りと老いた教師」の物語が代表作になっていたかも知れません。

でもあの1928年の夏と秋のおかげで、私たちは『ツバメ号とアマゾン号』に始まる12冊の物語を読むことができます。1929年3月24日にランサムはこの物語に取りかかり、3月29日には『せっせと物語を書いています(I am hammering at a story)』と母親に書き送っています(Brogan, Hugh.(1997) Signalling from Mars. Cape. p.163.)。

12冊の物語誕生の背景をたずねて90年あまりを遡ってみます。

掲載予定

  1. むかし北部の湖で
  2. ツバメ号とアマゾン号
  3. 書かれなかった2作目
  4. ツバメの谷
  5. ピーターダック
  6. 海へ出るつもりじゃなかった
  7. シロクマ号と謎の鳥
  8. 未完の13作目
  9. 挿絵のこと
Topics
coniston_water_02.jpg
むかし北部の湖で
あの北部の湖、物語始まりの場所でのできごと
t_swallow_and_amazons.jpg
ツバメ号とアマゾン号
物語作家への道を選んだランサムに思わぬ巡り会いが訪れます
t_wherry.png
書かれなかった2作目
冬のブローズで子供たちがお話を作る
t_pduck.jpg
ピーター・ダック
子ども達の手になる物語
t_coots.jpg
Coots in the North
未完の13作目、物語はブローズから始まります