StitchAndGlueMethod

Home

S&G工法

Stitch and Glue method
英国ではStitch(Tack) and Tape method
縫い合わせて接着(さらにファイバーグラステープで補強)工法
いずれにせよ、恐らく最も簡単で大がかりな道具もいらず、手間もかからない
木造ボート製作方法

昔の木造ディンギー

ランサムの船 Cochy 1997年英国ウィンダミア 蒸気船博物館で撮影

ランサムが所有していたこのディンギー、コキー(Cochy)は1934年に伝統的なクリンカー張り(clinker built、鎧張り)で造られました。

船殻構造は

  • 背骨のように船底を船首から船尾まで貫くキール(竜骨)
  • 内側に沢山見える肋骨のようなフレーム(肋材)
  • 船首から船尾まで走るストリンガー(縦通材)
  • 船体左右の舷に渡されたスォート

からなり、そこに

  • リベットで留められた幅10cmほどのプランク(外板)

でハル(船殻)を造っています。いずれの材も(この船では)スプルースですが、ファー(米松)やマホガニーも使われたでしょう。現在のように丈夫で薄い合板や強力な接着剤がなかった時代、ハルの微妙なカーブを出すための方法が細長い板を少しづつ重ね合わせていくこのクリンカー張りでした。FRP/GRP(繊維強化プラスチック)製の船のように滑らかなカーブは出ず、デコボコした外観になりますし、艇重量は重く、メンテナンスも大変、そして製作には随分と技量が必要だったことでしょう。
 このように伝統的工法で木で船を造ろうとすれば(丸木船はさておき)、キール(竜骨)、フレームそしてストリンガーなどで構成される骨組みに外側からプランク(外板)を留めていくことになります。釘やネジで留めるか、リベットで留めるか、いずれにせよ引っ繰り返し伏せた状態の骨組みに板を張り、ハル(船殻)を造っていきます。

S&Gによる現代の木造艇

 薄く強度のある合板(あるいはベニア;薄板のこと)とエポキシの登場により、こうした骨組みを必要とせず合板(あるいはベニア)だけで船殻を造り、それをエポキシで防水・補強するという工法が考案されました。その一つがS&G(Stitch and Glue)工法です。まずカヌー製作で使われたそうですが、これを最初に自作ディンギー製作に応用したのが、かのJack Holt設計(1962)Mirror Dinghyだと言われています。
 また1969年にカナダのGougeon Brothersは、木造艇建造へのエポキシ利用をまずアイスヨット製作に応用し、その後トリマラン、大型クルーザーへと発展させていったとWest SystemのHistory Pageに書かれています。*1彼らの現代工法によるアイスヨット、『北極』へ向けて帆を張った橇で疾走したディックとドロシアが見たらなんと言うでしょうねぇ?*2

北極へ疾走するディックとドロシアの橇

 さて、S&G工法による木造艇製作の概略は以下のようです。写真はカヤックの船首と船尾部。V字のボトム・パネルと向こう側のサイド・パネルを銅線で縫い合わせているところです。

  • 左右2枚のボトム・パネルを縫い合わせ、本のように開くとV字型の船底が出来上がる
    ボトム・パネルを縫い合わせ開くと船底のできあがり
  • それにサイド・パネルを縫い合わせる
    船首のボトムとサイド・パネルをスティッチしているところ
  • これでシングル・チャイン(ハード・チャイン)のハルの出来上がり
    船尾部分の縫い合わせが終わったところ

 ご覧のように、ハル(船殻)の形状はねじ曲げられた合板パネルの形状そのもので、パネル同士は1.2mmの銅線により縫い合わされています(タコ糸やテグスでは強度的に持たないでしょう)。こうして形作られたハルはエポキシで接着し、接着部をさらにファイバーグラスで補強し、ハル全体をファイバー・グラッシングすると、木/エポキシ複合材(composite)によるモノコック構造が出来上がります。キール、フレームが無くても軽量で堅固な艇体を作り上げることが可能です。
 この現代的工法については、伝統的工法やそれ以外の現代的工法とを比較しそれぞれの特徴を述べたボート設計家Paul Fisherの記事に良くまとめられています。

Can use low cost materials, requires low skills and only basic tools. The quickest, cheapest and easiest form of construction. requires the use of epoxy joins which can be messy.Good for lightweight hulls.*3

欠点(?)

 板を張りハルを形成するためのモールド(型)を必要としない(水平な作業船台すら必要とはしません。床にころがしたまま製作することだって可能です)ため、1艇しか造らないアマチュア・ボートビルダー向きの工法と言えますが、ラウンド・ハルを造るのは不可能ですから、どうしてもハル形状はシングル・チャインかマルチ・チャインになります。もっともパネルの数を増やせば(片側6枚のパネルでマルチ・チャインとし、滑らかなカーブを形成している船もあります)見た目のカクカク感は少なくなりますが。どうしてもラウンド・ハル(丸い船体)じゃないとダメというのでなければ、これほど手軽に船を造れる方法はないのではないでしょうか。それにV字型ハルやチャイン・ハルにはラウンド・ハルにはないメリット(波を切る性能、復元性能など)もあるわけですし。

参考書

 S&Gで木造船を造ろうとした時のお勉強になる本、サイトなどをご紹介します(順不同)。どの設計者・製作者そしてそれぞれの船にも意図・思想がありますから、参考にするにしてもあまり堅苦しく考えない方が良いのかも知れません。

  • Chris Kulczycki著 久保正夫・上田洋訳『新版 カヤック工房』舵社 2007.
    原書はChesapeake Light Craftの前オーナーが著した本で2000年に出版されています(今はKindle Editionもある)。S&Gによるカヤック製作の「完全製作マニュアル」と謳っている通り、精読すれば(多分)未経験者でも製作可能でしょうし、教科書として読んでおくべきだと思われます。ただ載っている船は設計としては新しいものではありません。
    教科書として一押し
  • 八木牧夫著『シーカヤック自作バイブル』舵社 2010.
    この本を参考にカヤック作ったという方もいらっしゃるはずです。友人曰く「3万円では出来なかった」そうですが。『バイブル』と銘打っている通り少し主張が強いですし、エポキシを希釈して使うなど肯けない箇所もあります。きちんとした設計図(セクション図)から部材を起こすのではなく、合板の曲げ具合で船腹のカーブを出していくやり方なのでアマチュアにとってはなかなか魅力的です。こうした船形がお好みならば大変参考になるでしょう。
    3万円と晴れた日が7日
  • Paul Fisher. (2009) Stich & Tape Boat Construction. Selway Fisher Design.
    英国を代表するボート設計者の一人によるS&G工法(英国なのでStich&Tapeとなっているが)に特化した木造艇製作参考書です。ご自身が若いときから実際に船を造っていらっしゃるためその内容は大変実際的であり有用。「使用する木材」から「浮力体の配置」までその内容は木造艇製作を網羅しています(英国風表現が分かり難いけど)。Selway Fisher Designから入手できます。
    Fisherの本
  • Russel Brown. (2009) Epoxy Basics:Working with epoxy cleanly & efficiently
    米国で木造艇キット販売も手がけている筆者(Port Townsend Watercraft)の手になるもっぱらエポキシ作業についての小冊。タイトル通り「汚さず効果的にどうやったらエポキシ作業が出来るか」を述べた本で、その船の仕上がりは羨ましい限りです。こんなに美しく木とエポキシで船が造れるのかと感嘆してしまいますし、そのテクニックをぜひ身につけたいものです。カヤックや木造艇製作の参考書ではありません。Meade Gougeonによる推薦文曰く「wood/epoxyのポテンシャルを最大限発揮するとなれば、知りうる最高の製作者の一人」だそうです。
    Russelの本
  • Samuel Devlin. (1995) Devlin's Boatbuilding: How to Build Any Boat the Stitch-and-Glue Way. International Marine/Ragged Mountain Press.
    米国ではこうしたhow-to本が沢山出ていて、そのうちの一冊。米国西海岸ワシントン州に工房を構えるS&G工法のパイオニアに一人によるものです。合板によるボート製作における木材の選び方、エポキシについての解説など基本的なノウハウとハウツーが分かり易く書かれています。クレイドルに乗せて製作するなど工法はとても丁寧なものです。
    Devlinの本
  • John Brooks. (2003) のこの本はGlued Lapstrakeという工法の船を造るための入門書で初心者向けに書かれているとのこと。この工法を試みる予定がないので読んだことはありませんが、英国雑誌の書評では初心者にお薦めとのことでした。
    pics/s_and_g/g_l_how2book.jpg
  • Vaclav Stejskal. (2002) Stitch & Glue Sea Kayak. One Ocean Kayaks.
    カヤック設計・製作者によるS&G工法の実用的ハンドブックと言えます。ブログ、サイト、書籍などを読んでも分からない実際的な詳細まで書かれていて大変参考になりました。合板やエポキシの経年変化や使用比較などにも言及されており、大変信頼性が高く感じます。サイトにも一部が掲載されており、そこから注文できます。
    たった39ページですが一押し
  • Meade Gougeon. (2005) Gougeon Brothers on Boat Construction: Wood and West System Materials. (5th edition) Gougeon Brothers Inc.
    エポキシを接着・補強など様々な用途に使用する現代的工法の先駆者による大著、いわゆるハンドブックです。カバーする範囲は大変広いのですが「ビス留めの際にエポキシでビス穴を防水する方法」といった細かな実用面の記載もある。
    書名にあるWest SystemWood Epoxy Saturation Techniqueの略だと言われ、板にエポキシをペタペタ塗り浸潤させ強度と防水を図ることだと誤解されている(浸透厚はたかが知れていますから)そうですが、なぜかWest Systemの語はもっぱらエポキシ製品の登録商標として使われているのみです。
    Gougeon兄弟によるハンドブック
  • The Epoxy Book. by System Three.
    その名も「エポキシ・ブック」というSystem Threeが刊行しているエポキシとエポキシ作業に関する50ページのマニュアルです。S&Gで船を造ろうとするときには必読と思われます。サイトから最新版(2006年版)をダウンロードできますが、日本語版(永瀬浩範氏による訳、2002年版)をHiro Wooden Canoe Shopで販売しています。
    The Exopy Book

情報源

 多くの方がブログで製作記を公開なさっており、いずれも役に立つのですが、ブログはその特性でしょうかあまり資料としての閲覧性が高くない。そこで下記に参考になった映像、DVD、マニュアルなどをご紹介しておきます。

  • Pygmy Boats LTD.によるYoutubeへの投稿。S&Gカヤック製作過程を映像で見ることができます。全33本、54分。
  • 英国のボート・ビルダーJordan BoatsからSelway-Fisher設計のディンギーCoble 10のS&Gによる製作過程DVDを入手できます。
    DVD
  • 米国のボート・ビルダーSamuel DevlinによるS&Gによるボート製作過程のYoutubeへの投稿です。ボトムパネルとサイトパネル接合方法がユニーク(役に立ちそう)。息子さんが手伝っているのがいいですね。
  • Pygmy BoatsあるいはChesapeake Light Craftではキットも販売しており、それに付属するマニュアルは親切丁寧なものですから、初心者でも通読して頭に入れておけば困難なく製作可能だと思われます。CLCではマニュアルだけの販売もしています。
  • カヤック、ディンギーを問わず設計図を入手しても、建造のためのマニュアルが付属しているとは考えない方が良さそうです。簡単な数枚の手引き・指示書が付属すれば良い方で、それも木造艇を作った経験のある人向けに思えます。『設計図を購入したけれどマニュアルが付属しなかったので、別のビルダーからキットを購入した』という話を聞いたことがあります。

参考になるサイト

 木製カヤック製作に関連するリンクをまとめました。設計図やキットの入手先、製作方法の解説、エポキシ作業の解説、製作過程のコツなどさまざまです。

カヤック自作サイト

  • building the Chesapeake 16 Wooden Sea Kayak
    メリーランド州在住の若者TimがChesapeake 16を自作する工程を24ステップにわたって詳細にサイトにまとめてくれている。Tipsや失敗など大いに参考になります。
  • Building the Pygmy Arctic Tern 14
    Pygmy Boats Inc.のArctic Tern 14(シングル・チャイン艇)を自作する過程が画像付きで詳細に解説されている。Pygmyの特徴と思われますが、シアー材を取り付けていません。
  • Building the Pygmy Coho
    Pygmy Boats Inc.のCoho(マルチ・チャイン艇)を作る過程が画像付きで詳細に解説されています。マルチ・チャイン艇なのでその工程は大分異なります。この船もシアー材を取り付けていません。
  • 建築屋のシーカヤック作り
    ブログなので製作過程を一覧するのが大変ですが、拝見していて一番お勉強になりました。それもそのはず、作者はプロの大工さんなので、もの作りに対する姿勢そしてもちろんその技術も尊敬。お子さん連れのカヤックツアーでは素敵な親子関係もうかがえ、こんなお父さんと育つ息子さんは幸せですね。
  • Building The Bear Mountain Magic
    これもWest Coast Paddler内のカヤック製作ギャラリーです。277枚の写真と説明つき製作過程がとても参考になります。製作者は女子なので、カヤックには飾りの「光り物」がいくつも、などとからかっていられないほど丁寧で見事な仕上がり。マルチチャイン艇ですが、フレームを多用し(その後除去)外板をS&Gしていき、ハルとデッキの接合もS&Gです。Figerglassing後のエポキシとニスのコートが5回!!
  • Building the Osprey Standard
    Mr. WayneによるPygmy BoatsのOsprey Standard(マルチチャイン、15.8ft)の製作記です。カヤック製作もエポキシ作業も初めてという方なので、その心配性(失礼)と相まって製作記やTipsは大変役に立ちます。エポキシのコート具合を気にする彼に、奥様が「船でしょ!ダイニングテーブルじゃないんだから」と言うくだりには思わず爆笑。記事中にあるリンクの数々も注目です。
  • Wood Duck 12を作る
    同じCLCのWood Duck 12をキットから作っている。マニュアルの記述にいくつも変更・改良を加えていらっしゃる。特にパネル接合のフィレッティング(maximum strength with minimum weight.)、グラッシング時のエポキシ垂れを防ぐ方法などとても参考になります。ハルとデッキの接合部フィレッティングに際しての決意表明には思わず爆笑!"I picked up my tools and dove into the inferno. "

カヤック設計図、キット、完成品の入手(順不同)

  • Guillemot Kayaks
    CLCにデザインを提供しているカヤックデザイナーNick Schadeのサイト。
    細身でとても優美な典型的グリーンランド・カヤックをデザイン(製作)している。こちらの広告はxda-developersのフォーラムで目にしますが、ちょっと不思議。
  • Custum Handmade Wooden Kayaks
    Nick Schadeのサイト。ここのカヤックは工芸品(Fine Art)ですね。ストリップ・プランキングに加え、カーボンファイバーによる補強など実に手が込んでいるし、そのため完成品はお高い。
  • Shearwater Boat
    Nick Shadeの兄弟、Eric Shadeのサイト。私が製作しているWood Duck 12は彼が設計した物です。
  • Chesapeake Light Craft
    カヤックのみならず手漕ぎボート、ディンギー、(小さな)クルーザーにわたるWooden Boatの製作、キット販売を行っている会社の中ではおろらく一番の大手。パドルやPDFもお安い。場所は合衆国東海岸アナポリス。私はここからキットを個人輸入しました。
  • Pygmy Boat Inc.
    CLCとは思想が違うようで、製作工程が違う(こちらの方が作業が多いかな)けれど、いずれも美しいカヤックです。場所は合衆国西海岸ワシントン。
  • JEM Watercraft
    ここは伝統的シーカヤックというよりリクレーショナルカヤックのデザインを提供しています。sit-on-topカヤックまであり、製作仲間のIさんはここから設計図を入手しました。それに、ギャラリーの写真のある艇種では全部にイヌが乗っています!
  • Blue Heron Kayaks
    Ross Leidyによるカヤック製作とデザインサイト。ストリップ・プランキングによる細身のグリーンランド・カヤックが主だが、有り難いことにデザイン・ソフトウェアが公開(フリーソフト)されている。また、how-toのいくつかは大変参考になります。
  • One Ocean Kayaks
    カヤック設計、販売をしているサイトの中ではカヤック製作についての詳細情報が一番豊富です。実用的カヤック製作ハンドブックと呼べる小冊子の販売もしています。
  • Laughing Loon
    こちらもストリップ・プランキングによるカヤック・デザインのサイトだが、なにが気になるって、その名前とロゴ!なんと「Great Northern Diver(大オオハム)」ではないか!ページの一番下にあって見つけにくいですが、メニューの中には「How-to Make a Transparent Glass Lay-up」というエポキシ作業についてのTipsがあり、これにはビックリ。またメニューにあるStrip Build法はたいそうユニークで、その工法の船を造ろうとしている方にはきっと有用だと思われます。リンクも充実しています。

エポキシ作業について

  • How-to Make a Transparent Glass Lay-up
    Laughing Loon内の記事、エポキシのファイバーグラッシングを透明に仕上げる方法について述べているが、特徴は「薄い(粘度の低い)エポキシを使うこと」、「温度(室温、木材の温度、エポキシの温度)を上げること」、そのために「ヒートガンを使用すること」まで述べている。またエポキシを塗るのに使うスキージ、刷毛、ローラーの特徴、ベストはどれかについても述べている。
  • Thinning epoxy
    West Systemのマニュアル内の記事で、エポキシの粘度を下げる方法とその効果(デメリットも)を述べている。
  • The Epoxy Book
    System Threeが発行している「エポキシ・ブック」へのリンク。
  • Cheap Epoxy Measuring Gauge
    Blue Heron Kayaks内の記事。エポキシ計量(重量でなく容量)のチープな方法。計量のための窓を開けた紙コップの中にもう一つ紙コップを重ねるって、アイディアです。
  • The Epoxy Test
    One Ocean Kayaks内のページで、6種のマリン・エポキシの粘度、透明度、耐候性、アミン・ブラッシュの有無等をテストしている。

カヤック製作全般

  • The History of Okoume Marine Grade Plywood
    マリン合板のパイオニアであるBruynzeel社の歴史とマリン合板について。もともとは家具(ドア)製造会社だったそうな。どういう訳か化学製品会社のサイト内のページ。
  • Marine Plywood, BS1088 and Lloyd's of London
    The WoodenBoad Forum内の記事。カヤック製作に使用されるマリン・プライウッドの規格(BS 1088)とLloyd's規格について、それを満たす製品について述べている。
  • 合板の比較
    One Ocean Kayaksサイト内の記事で、カヤック製作に使用する各種合板の色味、表材の厚みなどを写真付きで比較している。表材の厚みの違いによりスカーフが難しくなるのが良く分かる。ラワン合板の心材抜けが情けない。
  • 木造艇製作の周辺技術
    丹羽 章二「木造艇製作の周辺技術 その15」「KAZI誌」1994年12月号の再掲と思われる。ヨット、カヤック製作で使用する合板(プライウッド)について考察している。
  • TMCの自作ボートマニュアル
    TMC(タツマリンタイムコンサルタンツ)内のボート自作に関するページです(Topからのリンクがわかりにくいので直リンクです)。マニュアル内の「ボート材料比較、木材、ボート用木材、ボート用合板」の箇所は参考になります。マリン合板に代わる材としてロシアン・バーチ(接着剤に耐水合板で使用されているメラミン樹脂より強固なフェノール樹脂を使用している。5mm厚からしか入手できず、比重が大きいのが難点か)を挙げていらっしゃる。
  • S&G工法の実際の映像
    Pygmyboats LTD.による”Arctic Tern 14 Construction Sequence”と題したYoutubeへの投稿で、33工程に及ぶ55分の映像が分割されアップロードされています。その中の特に”18. Glass the Outside of the Hull”はファイバーグラッシングの様子が映っていて大変参考になります。このカヤックはS&G工法の中でも特にエポキシによる接着・強化を旨としているようで、シアー材は無し、フィレッティングとグラステープによる強化も無しという徹底ぶり。パネルの接合はバットジョイント、合板の曲げ加工より多数のパネルを使って船体のカーブを出すというPygmyboatsらしい作りになっています。
  • INDEX of Stitch & Glue building pages
    One Ocean KayaksサイトのS&G工法を説明したページ群の目次です。カヤックを製作・販売している会社ですが他のどの製作者のサイトよりその説明が参考になりました。様々なTipsは、実際に製作してみてなるほどと思わせるものでした。
  • S&G工法と合板を接ぐ方法
    One Ocean Kayaksサイト内のS&G工法を説明したページ。特に合板の接合方法(ページ1から3b)についての解説が丁寧で参考になりますし、発展版パズル・ジョイント(ScarfLOCKと称している)の解説もあります。ページ2(scarfing)には丸ノコでスカーフ作る方法も写真で紹介されていますが、これの治具はWest Systemで販売していますね。
  • パズルジョイントの作り方
    合板を接ぐスカーフ・ジョイント、バット・ジョイント以外の方法としてパズル・ジョイントがありますが、その試行例です。2006年の記事ですが今ではキットメーカーでも採用しています。記事はDuckworks(boat builder向けサプライヤー)サイト内ですが、見つけにくいので直リンクです。
  • 犬の骨スカーフ
    もう一つ合板を接ぐ方法。犬の骨(dog bone)型チギリで接いじゃおうという方法。上に比べるとずーっと大変そうです、可愛いかもしれないけど効果の程は?
  • ファイバーグラスによるバット・ジョイント
    H. H. Payson("Boats with an Open Mind"の著者)によるもう一つの合板を接ぐ方法。バット・ジョイントですが木片の替わりにファイバーグラスで両面を補強しようというもの。Pygmy Boatsの製品はこの方法を使っていますね。
  • Woodhaven Scarfing Sled
    Duckworksのサイト内にあるページ。スカーフ・ジョイントを作るには鉋で削る、ベルトサンダーで削るなどありますが、ここでは専用治具上にルーターを動かして削っています(動画あり)。正確でしょうし、沢山のカヤックを造るにはこういうものが必要かも知れません。こうした治具なら自作も可能かな?
  • Tips and Tricks
    Mr. Wayneによるカヤック製作サイト内のTips and Tricksのまとめ。先輩のアドバイスとして有り難く拝聴。「場所がないのを言い訳にしないこと」だって。
  • Duplicate a Production Seat
    Blue Heron Kayaks内の記事。エポキシ作業をしているんだから、シートもエポキシでモールドしちゃえ!という内容。快適そうなシートです。
  • KayakFoundry - Kayak Design Software
    カヤック設計用ソフトウェア(フリーウェア)です。Blue Heron KayaksのRoss Leidyが開発(?)したもの。同サイト内のフォーラムにはこのソフトで設計した色々なカヤックデザインがアップロードされていますので、それを読み込んで雛形として使うこともできます。図面からフレームを抜き出して印刷することも可能です。
  • Stitch -N- Glue Light v1.2
    こちらもカヤック設計用ソフトウェアで、Washington Wood Craftが公開しています。ダウンロードにはメール登録が必要です。上のKayakFoundryはもっぱストリップ・プランクによるラウンド・ハルの設計用(無理すればチャイン・ハルも可能)なのに対し、こちらはその名前の通りチャイン・ハルを意図したものです。設計したファイルを送ると原寸図を印刷してくれるサービス(有料)もあります。サイトには使用法の詳しい説明もある。
  • Strip Building Techniques
    Laughing Loon内の記事。ストリップ・ビルド・カヤック製作で最も重要なストリップの張り方について。「(標準より)薄いストリップを使うこと」「ヒートガンで加熱してストリップを曲げること」といったTipsを述べている。

材料の購入先

  • Hiro Wooden Canoe Shop
    国内でシステム・スリー社のエポキシを取り扱っている。The Epoxy Bookの日本語訳を入手できる。
  • Seven Seas Inc.
    国内でInternational社のゴールド・スパー(ポリウレタン樹脂ニス)を取り扱っている。
  • ミヨシ・コーポレーション
    Lloyd's規格のオランダBruynzeel社製マリン・プライウッドを取り扱っている(2012年現在在庫ほとんどなしだそうです)。
  • 米屋材木店
    専門材木店(横浜南区)なので取り扱い樹種が豊富で専門知識も確か。プロの加工機械を備えており加工にも対応してくれます。私はここで4x8耐水ラワン合板を購入しました。
  • FRP材料販売 Featherfield
    ここからファイバーグラスなどを購入しています。薄手(4oz、100g/m2)のものがありますし、こちらのグラスは幅が104cmあるので使いやすい。
    }}

*1 Meade Gougeon. (2005) The Gougeon Brothers on Boat Construction. 5th Edition. Gougeon Brothers, Inc.
*2 Ransome, Arthur. (1933) Winter Holiday. Cape. p.295
*3 Selway Fisher. BOAT BUILDING METHODS FOR THE HOME BOAT BUILDER. http://www.selway-fisher.com/boat_building_methods.htm

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

template by QHM Temps